決して誰にでもオススメできるわけではありません。

歯並びを良くする「歯列矯正」には当然ながら多くのメリットが有りますが、歯列矯正最大のメリットは「歯並びを良くする」ことに他ありません。

もちろん、他にも歯周病の予防につながるだとか、咀嚼が良くなって発音が良くなるだとか、いろいろとメリットはあります。

でも、歯列矯正の最大のメリットはやはり見た目が良くなることなのです。

確かに歯列矯正によって歯周病が予防できるのは事実です。

でも、歯列矯正をしている間はというと、逆に歯磨きはしにくくなるため、治療中に関しては治療していない時よりも虫歯ができやすくなります。

歯列矯正が終わったら治療前より虫歯が増えてた…、なんてことも多いようです。

むしろ、見た目を良くする以外の目的で歯列矯正をすることには、それほど大きなメリットはないと思ったほうが良いでしょう。

つまり、見た目を良くしたい人だけが本来は歯列矯正を行うべきです。

歯列矯正の治療には多くの時間と費用もかかります。

そして治療中は矯正装置が見えるので見た目も決して良くはありません。

歯列矯正には物理的にも精神的にも大きなストレスがかかるのです…。

そういったストレスに負けずに治療を続けていくには、結局のところ、「治療が終わったら見た目が良くなる」と念ずるより他ありません。

つまり「絶対に綺麗になってやる!」という強い気持ちがなければ、歯列矯正の治療を最後まで受けるのは本当に大変なんです…。

そういった意味では、子供のうちなら周りの視線もそう気にならず、また矯正治療もしやすいので、子供のうちに歯列矯正は済ませるのがベストと言えるでしょう。

知られざる矯正の世界