炭水化物を抜くダイエットの実際の方法とは

炭水化物を抜くダイエットというのは、ご飯を抜けばいいだけ…。

なんとなく、そのようなイメージもあるかもしれませんが、単純に食事の際にご飯を抜けばいいだけという簡単なレベルの方法ではありません。

というのも日本人に生まれたら、誰でも食事の際には白いご飯を当たり前のように食べてきたでしょうし白いご飯が主食だったであろうからです。

そのため、もしかすると日本人にとっては、この炭水化物を抜くダイエットというのは大変過酷なダイエット方法であると言えるのかもしれません。

では、この炭水化物を抜くダイエットというのは、白いご飯さえ抜いておけばいい方法なのでしょうか?

あるいは実際には、どのような方法で行うダイエット方法なのでしょうか?

炭水化物を抜くダイエットというのは、わかりやすく説明すると炭水化物の多い食材…主食であるご飯や麺類、パンなどの主食を抜いて糖質を減らす、糖質…太る原因の一番とされる糖分を制限するという方法です。

では糖質も含めて考えて、主食を減らせばいいという事で野菜をメインに食べていればいいのでしょうか?

たしかに野菜はカロリーも低いですし、炭水化物を抜くダイエットには向いている食材といえるかもしれません。

ですが野菜の中には、意外と糖質の多い食材やイモ類などの炭水化物の多い種類というのもあるので、野菜を中心にした食事で炭水化物を抜くダイエットを考えている方というのは、どの野菜を取るのかにも注意して食事を取るようにしましょう。

・こちらも参考に・・・《炭水化物を食べても太りにくい食事の法則